2011年08月21日

中内美帆さん写真展

中内美帆さんがアフリカを歩いて触れたアフリカの今


〜中内美帆さんの言葉〜

「タイトルに含まれる「セネガンビア」とは、西アフリカのセネガル・ガンビアの地域を指します。
そこには、何気ない生活の中に確実に存在する、人々の間の色濃いつながりがあると感じています。

日常世界に溶け込んでいるその空気感は、日本では忘れつつあるものだと思い、
人々に何かを感じて欲しいとシャッターを切りました。
アフリカの現在の日常は、いまとても伝わりにくいですが
写真展で、何かを感じて頂けたら幸いです。」



■ 中内美帆写真展 「Senegambia Dining 」 (コニカミノルタ フォト・プレミオ2011入選)

□ 日時 : 2011年8月27日(土) 〜 9月6日(火) 無休
  10:30〜19:00 (最終日は15:00まで)

■ 入場無料

□ 会場 : コニカミノルタプラザ (JR新宿駅 東口徒歩1分)
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-26-11新宿高野ビル 4F

■ 地下鉄丸ノ内線新宿A7出口から徒歩1分フルーツの新宿高野4F

□ 詳細 : http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2011august/gallery_a_110827.html

通訳や翻訳家などの語学の専門職業は目指していなかったので、
文法はそれほど細かく考えずに、逆に現地で生きてゆくために、
発音だけは徹底的に習得しました。

目の前に居る人に通じないと意味がありませんから。

いまだに文法はめちゃくちゃの適当英語ですが、
どんな人と出会っても打ち解けて仲良くなれる自信はあります。

英語(語学)はあくまでもコミュニケーションのツールでしかないから。


必死で英語を勉強している人は、まずはそのことを頭に入れておく必要があるかもしれないですね。


それにしても、あまりにも語彙力が乏しいなあとまた最近痛感しているので
またブラッシュアップを始めようかな。。。

posted by りさ at 17:58| Comment(0) | 私が応援している人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。